**日本酒アレコレ***


日本酒 といってもたくさん種類があります。
ここでは日本酒の種類・味の傾向などを紹介していきたいと思います。
少し長くなるので 興味のある方は読んでみてください。


味についてはあくまで傾向、ですので全てのお酒が当てはまる訳ではありません。



特定名称 分類一覧


日本酒の造りかた」でも少し触れましたがこれは酒米の磨き具合や
醸造用アルコールの含有量などで決まってきます。
磨けば磨くほど香りも高くなっていきますが お値段も比例します(汗)

種類 本醸造 特別本醸造 純米酒 特別純米酒
原料 米・米麹・
醸造用アルコール
米・米麹・
醸造用アルコール
米・米麹 米・米麹
精米歩合 70%以下 60%以下 70%以下 60%以下
特徴 アルコール添加をする アルコール添加をする アルコール添加をしない アルコール添加をしない

種類 吟醸 大吟醸 純米吟醸 純米大吟醸
原料 米・米麹・
醸造用アルコール
米・米麹・
醸造用アルコール
米・米麹 米・米麹
精米歩合 60%以下 50%以下 60%以下 50%以下
特徴 吟醸造り
アルコール添加をする
吟醸作り
アルコール添加をする
吟醸造り
アルコール添加をしない
吟醸造り
アルコール添加をしない

(注)精米歩合・・・酒米の磨き具合の事です。数字が大きいほどよく磨かれてます

うーん一気に勉強っぽくなってしまいましたね。 難しいです。
「日本酒といってもいろいろあるよー」ということです。
あ 一言でまとめちゃえましたね。





特定名称 分類一覧 2

日本酒の種類です。「日本酒の造りかた」の続き(?)

種類 日本酒(無表示のもの) 無濾過 生酒 生詰め
造りかた 搾ったもの濾過(ろか)
して一度熱処理し、
瓶詰め時にもう一度
熱処理したもの
搾ったものを濾過して
ないお酒(熱処理せず)
搾ったものを濾過して
熱処理していないもの
搾ったものを濾過して
一度熱処理し
そのまま瓶詰めしたもの
味の傾向 端麗で辛口 味がまったりして
もろみの香りが強い
フレッシュ感溢れ
すっきりとしている
フレッシュ感溢れ
すっきりとしている

種類 生もと 山廃 ひやおろし あらばしり
造りかた 酒母を造る時
乳酸菌を入れずに
時間をかけて
発酵させたもの
昔ながらの伝統的
手法。
生もと造りの際
麹と蒸し米をすりつぶし
米を溶かしやすくしたの
春先に搾られた新酒で
熱処理の後に酒蔵の中
でひと夏を過ごしたもの。
出荷時には火入れを
せずそのまま
瓶詰めする。
酒を搾る時、
圧力をかける前に
自然の勢いで流れ
でてきた酒。
味の傾向 味に厚みがあり
コシがある
香りが濃淳
独特の味
味に旨みがあり
のどの通りが良い
酸味が強め
口の中で味が
踊る感じ

種類 活性にごり にごり 活性酒 生貯蔵
造りかた あらごしし(荒く濾過)
熱処理せず
もろみが活きているうに
瓶詰めしたもの。
発泡性。
あらごしし(荒く濾過)
熱処理し
もろみが活きているうに
瓶詰めしたもの。

もろみが活きているうちに
瓶詰めしたもの。
発泡性。
搾ったものを濾過して
熱処理せずに出荷時に
熱処理したもの
味の傾向 酸が強く
口内の刺激あり
もろみの甘さが
口に残る
とろりとして
呑みやすく甘い
酸が強く
口内の刺激あり
フレッシュ感溢れ
すっきりとしている

種類 熟成酒 初しぼり
造りかた 生まれてからほぼ1年
冬を越えた時期に
さらに熟成を深めたお酒
発酵を終えて新酒の搾りたてを
そのまま出荷したもの
春先に一度しか出荷しない
季節物の品
味の傾向 まろやかで重厚
お燗にすると良い
ものが多い
荒々しくもフレッシュな味わい
新酒特有のほろ苦さアリ

熱処理というのは「火入れ」と呼ばれる低温殺菌のことです。
低温で殺菌しないと蒸発して焼酎になってしまいますもんね(汗)
これは室町時代から行われてきた作業で発酵を止め、雑菌を殺し 香味を保たせます。


繰り返しになってしまいますが
味についてはあくまで傾向、ですので全てのお酒が当てはまる訳ではありません。



いっぱい種類がありますね。
呑み比べてお気に入りの一品を見つけるもよし、
季節物の品も多いので その時々に併せて呑むのもよし
酒飲みの夢は尽きません。



ラベル表示

なんだか話が長くなってきましたね。
一休みしたら次にいきましょう。
手元に日本酒の瓶はありますか?いえ、なくてもいいのですが。
表のラベルの後ろにもう1つ小さい文字がびっしり書いてあるラベルが
貼ってあるかと思います。 ここではそのラベルの意味を紹介していきます。

実際購入するときのことを考えるとここが一番重要かもしれないです。
覚えていただけたら ご自分の好みのお酒が見つけやすくなりますよ。
・・・ただ表示していない品物も多いんですけどね・・・・(汗)

とはいっても以下書いてある全てのものや呑むときの温度などを
トータルして「味」が決まりますので あくまで基準として考えて下さい。
絶対では無いということです。

アミノ酸 酸度 日本酒度
お酒に含まれている
アミノ酸の割合
この数値が高いほど
味が濃くなる
お酒に含まれている
酸の割合
この数値が高いほど
酸味が強くなる

甘い、辛いを数値化
したもの
この数値が高いほど辛く
低いほど甘い



製造法 精米歩合
本醸造、吟醸 など
そのお酒の造りのこと
玄米を精白する際
残った米の割合。
この数値が大きいほど
磨いてある





どうでしたか?日本酒ひとつとっても たくさんあって面白いですね。
昔から伝わる日本伝統のお酒 ぜひとも皆様ご賞味下さい。

 

ブラウザを閉じてお戻り下さい